Exit

子供の頃性的虐待、男性の性的暴行に関する事実と数字


このページはについては何ですか?

Sexual abuse statistics are one way we can develop a picture of the extent of the problem of child sexual abuse or sexual assault in our community. 彼らは暴行されて誰よりよく理解するために私たちを助けることができる, どこ, 時, what are potential risk factors, where to direct resources to prevent further childhood sexual abuse or assault, and ensure adequate support is available.

The Sexual abuse statistics below provide a general snapshot of the reported prevalence, 性的虐待、男性の性的暴行の特徴を同定し. ここで提供される統計は、調査研究及び政府統計から描かれてい. A description of common problems that men subjected to sexual violence may experience can be found in the '管理する難しさ’ リビングウェルウェブサイトのセクション. Details on the under-reporting and barriers to disclosure of child sexual abuse and male sexual assault can be found in theディスクロージャー’ セクション. Also more information regarding specific statistics can be found within the参照および追加情報’ このウェブページの最後にセクション.

統計に不慣れな人のために, an extensive discussion of how to read and make sense of statistics relating to the sexual abuse of males can be found at児童虐待: 統計, 研究リソース'. 加えて, 私たちは、「参考資料と追加情報に記載されています統計データに関する詳細情報が含まれている’ このウェブページの最後にある [私]. この情報を読んだとき、それは統計は一般的なガイドとして動作することを覚えておくと便利です; どのような統計が言う, すべての人が言うように、自分の特定の物語を持っています.

Focus on gender

児童性的虐待や性的暴行の最も初期の研究では、女性に焦点を当てていますが, 男性の性被害に関する情報を提供する文学の発展の体は今がある. 我々は意図的に男女が有病率にどのように影響するかを強調する方法として、女性の性的虐待に関連するいくつかの情報が含まれている, 性的虐待や性的暴行の特性や経験.

 

Male childhood sexual abuse

定義

児童性的虐待の定義は異なります. This variance may be attributed to differences in legal definitions between countries, または定義の違いは、研究中の児童性的虐待へのその量に作用. 児童性的虐待の簡略化の定義が含まれてい: 性行為/ S, 含む, 物理的な, 口頭または視覚的行為, 子供の方に、大人が犯した. [2]

 

有病率

研究が示唆している:

  • 間に 1 で 6 と 1 で 10 男性は性的歳になる前に虐待されている 16. [3]
  • 1 で 4 雌を性的歳になる前に虐待されている 16. [4]

有病率が変化することができる, 使用性的虐待の定義と研究に参加し、人口に応じて、. 例えば, 男性の幼年期の性的虐待の範囲の間の報告されたレート 3% – 76%. This range takes into account various studies, 含む:

  • 3% – 17% – の系統的レビュー 55 間の研究 2002-2009 から 24 オーストラリアやニュージーランドを含まない国. [で]
  • 8% – 30% – 様々な国際的な研究, のメタ分析を含む 22 国. [我々]
  • 4% – 76% – のメタ分析 166 男性の研究では、性的に小児期に虐待を受け. [7]
  • 3% – 29% – 分析 21 国. [8]
  • 4% – 31% – Australian study. [9]

 

世界中の性的虐待の有病率 [X]

有病率の範囲

バルバドス, トリニダード·ジャマイカ

40% – 54%

バングラデシュ (農村 – アーバン)

22% – 37%

コスタリカ

13%

エチオピア

28%

南アフリカ

29%

ペルー

20%

カンボジア

15%

インドネシア (農村- アーバン- パプア)

6% / 7% – 12%

パプアニューギニアの (ブーゲンビル)  

32%

スリ·ランカ

14%

中国 (アーバン/田園)

12%

 

性的虐待の危険性

一部の少年たちは、性的虐待を受けやすくすることができます. 性的虐待のリスクがエスカレートした場合少年: [いくつかの]

  • 暴走です.
  • 障害を持っている.
    • He is between 4 と 7 times more likely to be sexually abused than a non-disabled peer. [12], [13]
  • 家庭内虐待の他の形態に供される.
  • 貧しいおよび/または単一の親の家族から来ている.
  • 病院や制度的環境で時間を費やしている. [14]
    • 男性のオーストラリアの囚人の子供の頃性的虐待In a study of prevalence of childhood sexual abuse of NSW male prisoners, 16% 性的に子供として悪用されて報告; 40% 子供が歳を前に虐待を受けたとして、性的虐待の報告者の 10. [15]
  • 先住民族である.
    • で “小さな子供たちは、神聖な” レポート, 事例証拠, ケーススタディや提出物は、先住民社会における性的暴力、非先住民コミュニティのそれを超えた速度で起こることを示唆している. [16]
    • 間の性的暴行の被害者の報告された事件のNSW州政府統計 2000-2004 先住民族の男性は年齢から性的虐待を経験していることを強調し 0-15 年, 歳の間に乱用される可能性が高かった先住民族の女性と比較して、 11-15. [17]
  • 同性の男性を魅了.
    • 幼年期の性的虐待の有病率は、異性愛男性よりもゲイやバイセクシャルの男性の間で高くなっている. [18]

 

どこ, 時, and by whom is child sexual abuse of males likely to occur?

男の子が虐待されたときに自分自身を見つけることは、典型的な状況はありませんが; 女の子に比べて, 男の子はである可能性が高い:

  • 家の外で虐待. [19]
  • 見知らぬ人に虐待. [20]
  • 余分な家族性虐待を受ける. [21]
  • 証人の周り虐待. [二十二]
  • 一緒に女性または男性と女性による虐待. [二十三]
  • 聖職者に虐待. [XXIV]   [XXV]

 

オーストラリア統計局 (ABS) 個人の安全調査 2005 [XXVI]

問題のある人物との関係

男性

女性の

父またはステップの父に虐待

6.2%

16.5%

男性の相対的な虐待を受け (しない父親や継父)  

16.4%

35%

家族の友人によって悪用

15.6%

16.5%

知人に虐待, 隣人

16.2%

15.4%

彼らに知られている誰かによって虐待を受け

27.3%  

11%

見知らぬ人に虐待

18.3%

8.6%

 

ザ 2012 ABS録画犯罪 – 犠牲者’ オーストラリア 犯罪者の時代に焦点を当てたときに、彼ら 報告 crimes of sexual assault/abuse in 2012 [二十七]. This means the pie chart below shows age of victims when they reported crimes, and may not be indicative of the age of victims when sexual abuse / assault occurred. See information contained in endnotes on statistical data).

Age at time of reporting sexual assault/abuse

 

クイーンズランド州警察の統計 – 2011-2012 [二十八]

クイーンズランド州警察の統計 2011-2012

This shows males were more likely to be victims of sexual assault/abuse between the age of 5-19, 上記の円グラフで示した数値と同様.

 

研究が示唆している:

  • オーバー 30% 児童の性的虐待の確認、レポートの男性被害者を巻き込む. [二十九]
  • 男性のほとんどは性的虐待は、思春期前に開始されます, 一般的に周り 10 年. [XXX]
  • Boys younger than six are at greater risk of abuse by family and acquaintances.. [xxxx]
  • より古いボーイズ 12 年が見知らぬ人による虐待のリスクの増加に直面している. [XXXII]
  • 性的暴行の危険が大人の女性に比べて、成人男性のため辞退. [三十三]
  • 力と身体的危害の脅威は、年齢と男性の犯行に伴って増加. [XXXIV]

 

兄弟/思春期の犯した虐待

研究では、同レベルの近親は、少なくとも推定されていることを示している 5 親子近親相姦倍より流行. [XXXV]

女性が性的虐待を犯した

Female perpetrated sexual abuse is thought to be a relatively rare phenomenon compared to male perpetrated sexual abuse. 研究が示唆している 80% 男性の子供の性的虐待は男性が犯している [XXXVI]. しかしながら, 研究は約示唆 2% 女性との 20% 男性の女性に虐待されている [三十七]. In relation to the sexual abuse of males by females, research indicates that:

  • 彼らは性的虐待などの子供の頃男性は大人の女性と彼らが持っていた性的接触を識別する可能性が低い. [7]
  • 以上で 90% 報告された例, 性的虐待の犯罪を犯したときに女性はむしろ、実際または脅迫力より説得を使用. [三十九]
  • 最大好奇心は、古い女性と性的接触の参加につながったと言う虐待されているものとして識別する少年たちの三分の一に. [XL].

男性と女性の経験を比較する

下記の表は、有病率とで出版大規模調査から取ら男性と女性の性的虐待の特性の有用なスナップショットを提供します 2005. [四十一]

 

性的虐待の種類

人々 % (N = 7970)  

女性たち % (N = 9367)  

性的な方法で触れ

13.2

22.5

大人に触れることを余儀なく

8.1

7.9

しようとした性交

7.3

8.6

完成性交

6.7

5.6

Any type of childhood sexual abuse

16.0

24.7

注意: 女性は性的に男性よりも悪用される可能性が高いものの、 (24.7% へ 16% それぞれ); 本研究では「完成した性交を報告する女性より男性の高いいくつかあります’

 

Sex of the perpetrator

人々 % (N = 7970)  

女性たち % (N = 9367)  

男性だけ

51.0

91.9

唯一の女性

20.8

2.1

男性と女性の両方の

18.3

3.6

指定されていません

9.9

2.4

 

個人の安全調査 2005 [四拾弐]

The Personal Safety Survey was the first national survey to attempt collection of sexual abuse statistics regarding males on a national level. これに先立って, オーストラリア統計局 (ABS) 女性の安全性調査を経由して性的暴行に関するのみ収集されたデータ. 個人の安全調査が特定さ:

  • 4.5% 男性との 12% 性的歳以前に虐待されて報告された女性の 15.
  • 5.5% 歳を過ぎて性的暴力を経験し報告した人の 15, に比べて 19% 女性の.
  • 0.6% 男性との 1.6% メスの過去に性的暴行や性的な脅威を報告した 12 ヶ月.
  • 両方の男性 (44%) と女性 (39%) 最も最近の事件で家族や友人によって報告された性的暴行.
  • 人々 (33%) 女性よりも高かった (22%) 最も最近の事件で見知らぬ人によって性的暴行を体験する.

 

Sexual assault of male adults

制度的な設定での性的暴行

刑務所

1 で 4 熟成ニューサウスウェールズ州の囚人 18-25 年が性的に刑務所で暴行され報告された. [四拾参]

クイーンズ修正サービスは、その年次報告書の刑務所で起こる性犯罪の数の統計を提供していません.

軍事での性的暴行

2.1% 米国空軍の男性の前の中で性的暴行を何らかの形で報告された 12 ヶ月 [四十四] と 7% 男性の米国国防総省での男性の性的暴行にオスを報告した [XLV].

戦闘地域での性的暴行

があった 16% 米国の統計によると、アフガニスタンやイラクでの性的暴行の報告の増加. [XLV]

Sexual assault of gay, バイセクシャル、トランスジェンダー個人

約 50% トランスジェンダー個人の一生の内の不要な性的行為を報告. [アイザ]

オーストラリアの私生活の調査で: [アイザ]

  • 19.6% 同性愛者の男性は自分のパートナーがセックスをすることを余儀なくされたと報告し特定する.
  • 14.3% トランスジェンダー男性の彼らのパートナーがセックスをすることを余儀なくされたと報告.
  • 25% の半陰陽男性は自分のパートナーがセックスをすることを余儀なくされたと報告.

 

ディスクロージャー

子どもの性的虐待や性的暴行の過少報告

One of the difficulties in establishing a picture of the extent and circumstances of childhood sexual abuse and male sexual assault is under-reporting. Males are particularly reluctant to report childhood sexual abuse as both a child and adult.

証拠が示唆している:

  • 男の子は性的虐待が発生した時点で開示する女の子よりも少ない可能性が高い. [ジェン]
  • 間に 70-90% 性的に一度誰にも言わないでレポートを乱用してきた男性の. [ザ·]
  • 男性は性的に平均的に幼児期に虐待を受けて開示している 22 年後の暴行 – 10 years later than females. [その]
  • 男性は深ディスカッションに最初の報告 28 years after the sexual abuse, and first helpful in depth discussion 30 年後に虐待. [ハイ]
  • Men are more likely than women to make selective disclosure, 人々の限られた数に. [50]
  • 男性は一つであり、警察に​​強姦を報告する女性より倍半にくい. [生活]

 

情報開示への障壁

  • 性的虐待されに関連付けられた汚名. [LV]
  • 脅威を通じてそれら犯し虐待によって行使電力, 強制, apportion of blame. [LV]
  • 恐怖のサイレンシング効果, 混乱と恥. [LV]
  • 支配的な男性的なステレオタイプ.

    • 男性は、強力でなければならないのアイデア, 強い, 圧倒的なオッズから身を守ることができる, 自立自立すること, not acknowledge weakness, or be unable to cope.
  • 同性愛嫌悪, セクシュアリティの質問

    • 彼は同性愛者と見なされることを懸念’ または 'ゲイ’ 負扱わ.
  • 男性は性的に自動的に「被害を受けているという考えを無批判受け入れ’ 虐待を犯すために行く. [LVIII]

    • Research indicates that most males (95%) who have been sexually abused in childhood do not commit offences. [LIX]
  • 懸念は、彼らは男性として別々に扱われ、制限されたか、不十分な応答を受け取ることができる. [LX]
  • 性的虐待は、いくつかの文化でもみ消されるべきではタブーか恥ずかしいもののまま. [LXI]

 

参照および追加情報

[私]  Tarczon, C., & Quadara, A., 2012. “The nature and extent of sexual assault and abuse in Australia.” 家族研究のオーストラリア研究所. アクセスした7月, 22, 2013. https://aifs.gov.au/publications/nature-and-extent-sexual-assault-and-abuse-australia

管理データ: Data that is extracted through systems responding to sexual assault (警察, 裁判所, 修正やサポートサービス). This type of data may give a good indication of recorded crime figures but it does not provide a reliable estimate in terms of prevalence, because the majority of victims/survivors do not report sexual assault to police. There may be inconsistencies between collection and recording of information across sectors or between sectors and jurisdictions. さらに, police records are collected primarily for law enforcement and administration of justice (調査およびケース管理); statistical and management information are secondary uses of the data and therefore the whole context of which the offences takes place may not be informed by the data.

被害調査データ: Surveys from sexual assault victims, regardless of them reporting to police. Limitations can include: Excluding vulnerable or hard to reach groups, - 深さの調査やインタビューが行うことが困難であり得る (possibly due to cost), データの照合が複雑 (議論慣れていない細部を省略すること), possible bias, interpretation of survey questions. and sampling variability.

 

[2] 育てる, ゲーリー & ボイド, キャメロン, 2011. "まあリビング: 男性のためのガイド。” https://www.livingwell.org.au/get-support/living-well-services/living-well-a-guide-for-men/

 

[3] デュベら; ダン, パーディ, クック, ボイル & Najman, as cited in Foster, G., ボイド, C., & オリアリー, P., 2012. “Improving policy and practice responses for men sexually abused in childhood.性的暴行の研究のためのオーストラリアのセンター. アクセスした8月 5, 2013. https://aifs.gov.au/publications/improving-policy-and-practice-responses-men-sexually-abused-childhood.

 

[4] デュベ, R.Sら. 2005. “Long Term Consequences of childhood Sexual Abuse by Gender of Victim.予防医学のアメリカジャーナル. 28 (5): 430-438.

Although it is recognized that some studies show a range for the child sexual abuse of females to be around 20-30%: Finkelhor D, cited in Dube, R.Sら. 2005. “Long Term Consequences of Childhood Sexual Abuse by Gender of Victim. 予防医学のアメリカジャーナル. 28 (5): 430-438, 430.

またフィンケルホー & Dzuiba-レザーマン (2001) 女の子は性的虐待を経験し2倍の可能性が高いと結論, cited in Smallbone, スティーブンら (2008) 「子供の性的虐待の防止: 証拠, 政策と実践。” デボン: ウィランパブリッシング.

フィンケルホー (1994) ペレーダに引用された, ノエミ, ジョージナMiret, マリアForns & ジュリア·ゴメス·ベニート. 2009. 「地域社会と学生サンプルにおける児童の性的暴行の有病率: メタアナリシス. 臨床心理レビュー. 29: 328-338- 女性のための児童性的虐待のための有病率は約であることを示唆している 20%.

 

[で] バルト, Jら. 2013. 「世界的な児童性的虐待の現在の有病率: A systematic review and meta analysis.公衆衛生の国際ジャーナル, 58 (3):469-483; 注: These statistics were based on a systematic review of 55 間の研究 2002-2009 から 24 国. No studies from Australia or New Zealand due to mostly using adult samples.

 

[我々] ゴールドマン & ゴールドマン, 1988. as cited in Healy, J. 2011. “Children and young people at risk.Issues in Society (323): 1-65, 10;

ブラウン & フィンケルホー, 1986; フィンケルホー, 1979; ワトキンス & Bentovim, 1992 スコットA Ketringに引用された & レスリーL Feinauer 1999, 加害者·被害者の関係: 男性と女性のための性的虐待の長期的影響. 家族療法のアメリカジャーナル 27 (2) 109-120, 110.

ペレーダ, ノエミ, ジョージナMiret, マリアForns & ジュリア·ゴメス·ベニート. 2009. “The prevalence of child sexual assault in community and student samples: A meta-analysis.Clincal心理学レビュー, 29:328-338;

ファーガソンとマレン, (1999). As cited in Foster, G., ボイド, C., & オリアリー, P., 2012. “Improving policy and practice responses for men sexually abused in childhood.性的暴行の研究のためのオーストラリアのセンター. アクセスした8月 5, 2013. https://aifs.gov.au/publications/improving-policy-and-practice-responses-men-sexually-abused-childhood.

 

[7] ホームズ, W.C. & 平手打ち, G.B. 1998. 少年たちの "性的虐待: 定義, 有病率, 相関, sequelae and management.ジャーナルオブアメリカンメディカルアソシエーション, 280 (21) 注意: This article identified and analysed results of 166 からの研究 1985- 1987.

 

[8] フィンケルホー (1994). as cited in Pereda, N. et al., 2009. 「地域社会における児童の性的虐待の有病率と学生のサンプル: A meta analysis.臨床心理レビュー, 29 (4): 328-338.

 

[9] ゴールドマン, D.G., & Padayachi, U.K., 1997. 「有病率とクイーンズランド州の児童性的虐待の性質, オーストラリア。” 児童の虐待や放置. 21 (5): 489-498.

 

[X] Fulu, E., Warner, X., Miedema, S., Jenkins, R., Roselli, T., & Lang, J., 2013. “Why do some men use violence against women and how can we prevent it?” Quantitative findings from the United Nations multi-country study on men and violence in Asia and the Pacific, バンコク: 国連開発計画(UNDP), 国連人口基金(UNFPA), 国連女性とUNV- 注意: Statistics of Bangladesh, カンボジア, 中国, インドネシア, PNG and Sri Lanka.

Hilton, A., 2012. “A world of healing.男性サバイバーの国際会議. 注意: Statistics of Barbados, トリニダード, ジャマイカ, コスタリカ, エチオピア、南アフリカ.

 

[いくつかの] 育てる, G., ボイド, C., & オリアリー, P., 2012. “Improving policy and practice responses for men sexually abused in childhood.性的暴行の研究のためのオーストラリアのセンター. アクセスした8月 5, 2013. https://aifs.gov.au/publications/improving-policy-and-practice-responses-men-sexually-abused-childhood.

 

[12] Briggs, ヒーリーに引用された, J., 2011. リスクのある「子どもや若者” 社会の中での問題 (323): 1-65, 10.

 

[13] ミトラ, M., Mouradian V., & Diamond, M., 2011. “Sexual Violence Victimization Against Men with Disabilities予防医学のアメリカジャーナル, 41 (5): 94-497.

 

[14] 死, J., 2013. “They did not believe me: Adult survivorsperspectives of child sexual abuse by personnel in Christian institutions犯罪, 正義と研究センター, ブリズベン.

 

[15] バトラー, T., Donavan, B., Fleming, J., Levy M., & Kaldor, J., 2001. “Childhood sexual abuse among Australian prisoners.性病学. 14 (3): 109-115.

 

[16] ノーザン·テリトリー政府, 2007. “Report of the Northern Territory Board of Inquiry into the protection of Aboriginal children from sexual abuse” アクセスした10月 30, 2013. http://www.inquirysaac.nt.gov.au/pdf/bipacsa_final_report.pdf.

 

[17] Attorney General’s Department (NSW), 2006. “沈黙を破る: Creating the future.NSW Aboriginal Child Sexual Assault Taskforce. アクセスした9月 9, 2013. HTTP://www.indigenousjustice.gov.au/resources/breaking-the-silence-creating-the-future-addressing-child-sexual-assault-in-aboriginal-communities-in-nsw/

 

[18] Minich & 平手打ち, 1998; Laumann, ガニオン, マイケルズ, & マイケル, 1993; ポール, カタニア, ポラック, & ストール, 2001. As cited in Arreola, S., et al., 2008. 「幼年期の性体験やゲイやバイセクシャルの男性の間で大人の健康後遺症: Defining childhood sexual abuse." The Journal of Sex Research. 45(3): 246-252.

 

[19] クローム, S. 2006. “Male survivors of sexual assault and rape.性的暴行の研究のためのオーストラリアのセンター. アクセスした10月 21, 2013, https://aifs.gov.au/publications/male-survivors-sexual-assault-and-rape.

 

[20] トング, オーツ & マクドウェル, 1987; フィンケルホー, 1990. As cited in Ketring, S.A., & Feinauer, L.L., 1999. 「加害·被害者の関係: 男性と女性のための性的虐待の長期的影響” 1997. The American Journal of Family Therapy. 27 (2) 109-120, 112.

クローム, S. 2006. “Male survivors of sexual assault and rape.性的暴行の研究のためのオーストラリアのセンター. アクセスした10月 21, 2013, https://aifs.gov.au/publications/male-survivors-sexual-assault-and-rape.

 

[21] Ogloff, 議長, マン & マレン, 2012. As cited in Foster, G., ボイド, C., & オリアリー, P., 2012. “Improving policy and practice responses for men sexually abused in childhood.性的暴行の研究のためのオーストラリアのセンター. アクセスした8月 5, 2013. https://aifs.gov.au/publications/improving-policy-and-practice-responses-men-sexually-abused-childhood.

クローム, S. 2006. “Male survivors of sexual assault and rape.性的暴行の研究のためのオーストラリアのセンター. アクセスした10月 21, 2013, https://aifs.gov.au/publications/male-survivors-sexual-assault-and-rape.

 

[二十二] 育てる, G., ボイド, C., & オリアリー, P., 2012. “Improving policy and practice responses for men sexually abused in childhood.性的暴行の研究のためのオーストラリアのセンター. アクセスした8月 5, 2013. https://aifs.gov.au/publications/improving-policy-and-practice-responses-men-sexually-abused-childhood.

ハッセー, 現在の & シンガー, 1992; Tardiff, Auclair, ジェイコブ & カーペンティア, 2005. As cited in Crome, S. 2006. “Male survivors of sexual assault and rape.性的暴行の研究のためのオーストラリアのセンター. アクセスした10月 21, 2013, https://aifs.gov.au/publications/male-survivors-sexual-assault-and-rape.

 

[二十三] デュベ, et al., 2005. “Long-Term consequences of childhood sexual abuse by gender of victim.予防医学のアメリカジャーナル. 28 (5), 430-438, 433

 

[XXIV] 議会の問い合わせにビクトリア警察提出: 2012. 注: のビクトリア警察の捜査 2110 に対する聖職者と教会の労働者が犯した犯罪 516 victims, of which 370 カトリック抗議や兄弟がコミットされた. 87% 被害者の少年たちは、高齢者だった 11-12.

 

[XXV] パーキンソン, et al., 2010. As cited in Parkinson, パトリックN, R. キム·オーツ & アマンダ. Jayakody, 2012. オーストラリアの英国国教会では「児童性的虐待。” 児童性的虐待誌, 21 (5): 553-570. 2 10.1080/10538712.2012.689424

注: 本研究ではあった 191 によって行われた性的虐待の疑惑 180 に対して原告 135 個人. それらの二十七 135 individuals had more than one complaint made against them. Sixty-seven percent of complainants were between the ages of 10 と 15 疑惑の最初の虐待の時, ととも​​に 51% を下回ること 14 years and 11% under 10 歳. の 44 裁判所に行くことが知られていた例, 53% 有罪判決の結果.

 

[XXVI] オーストラリア統計局 (ABS). 2005. 個人の安全調査. アクセスした7月 27, 2013. http://www.ausstats.abs.gov.au/ausstats/subscriber.nsf/0/056A404DAA576AE6CA2571D00080E985/$File/49060_2005%20(reissue).pdf

 

[二十七] オーストラリア統計局 (ABS). 2012. 記録された犯罪: 犠牲者オーストラリア. アクセスした10月 30, 2013. http://www.abs.gov.au/ausstats/abs@.nsf/Lookup/E850B8189D9F2A44CA257B88001295CF?opendocument

 

 

[二十九] ファーガソン, P., & マレン. E., 1999. 小児期の性的虐待: エビデンスベースの視点. セージ出版.

 

[XXX] Doll, et al., 1992; フィンケルホー, et al., 1990; ライジン & コス, 1987. As cited in Holmes, W.C. & 平手打ち, G.B. 1998. 少年たちの "性的虐待: 定義, 有病率, 相関, sequelae and management.ジャーナルオブアメリカンメディカルアソシエーション, 280 (21) 注意: This article identified and analysed results of 166 からの研究 1985- 1987.

 

[XXXII] Doll, et al., 1992; ファーラー, 1988; ゴードン, 1990. As cited in Holmes, W.C. & 平手打ち, G.B. 1998. 少年たちの "性的虐待: 定義, 有病率, 相関, sequelae and management.ジャーナルオブアメリカンメディカルアソシエーション, 280 (21) 注意: This article identified and analysed results of 166 からの研究 1985- 1987.

 

[三十三] グランデから, E., et al., 1999. As cited in Foster, G., ボイド, C., & オリアリー, P., 2012. “Improving policy and practice responses for men sexually abused in childhood.性的暴行の研究のためのオーストラリアのセンター. アクセスした8月 5, 2013. https://aifs.gov.au/publications/improving-policy-and-practice-responses-men-sexually-abused-childhood.

 

[XXXIV] ローン, 1992; Shrier & ジョンソン, 1988. As cited in Holmes, W.C. & 平手打ち, G.B. 1998. 少年たちの "性的虐待: 定義, 有病率, 相関, sequelae and management.ジャーナルオブアメリカンメディカルアソシエーション, 280 (21) 注意: This article identified and analysed results of 166 からの研究 1985- 1987.

 

[XXXV] カナバン, マイヤー & ヒッグズ, 1992; コー​​ル, 1982; フィンケルホー, 1980; スミス & イスラエル, 1987. As cited in Adler & 保護, 1995. 「近親相姦犯罪者兄弟” 児童の虐待や放置, 19 (7): 811-819.

 

[XXXVI] デュベ, et al., 2005. “Long-Term consequences of childhood sexual abuse by gender of victim.予防医学のアメリカジャーナル, 28 (5), 430-438.

 

[三十七] フィンケルホー & Russells, 1984. As cited in Peter, T., 2009. “タブーを探る: Comparing male and female perpetrators of child sexual abuse.対人暴力のジャーナル. 2 10.1177/0886260508322194.

 

[三十九] ハンター, et al., 1992; ジョンソン & Shrier, 1987; Shrier & ジョンソン, 1988. As cited in Holmes, W.C. & 平手打ち, G.B. 1998. 少年たちの "性的虐待: 定義, 有病率, 相関, sequelae and management.ジャーナルオブアメリカンメディカルアソシエーション, 280 (21) 注意: This article identified and analysed results of 166 からの研究 1985- 1987.

 

[XL] ライジン & コス, 1987. As cited in Holmes, W.C. & 平手打ち, G.B. 1998. 少年たちの "性的虐待: 定義, 有病率, 相関, sequelae and management.ジャーナルオブアメリカンメディカルアソシエーション, 280 (21) 注意: This article identified and analysed results of 166 からの研究 1985- 1987.

 

[四十一] デュベ, et al., 2005. “Long-Term consequences of childhood sexual abuse by gender of victim.予防医学のアメリカジャーナル, 28 (5), 430-438, 433.

 

 

[四拾参] Heilpern, D. M, 1998. 恐怖や好意: 若い囚人の性的暴行. リズモア, 南大学プレス.

 

[四十四] Steiger, et al., 2010. As cited in Groves, C., 2013. “Military sexual assault: An ongoing and prevalent problem”. 社会環境の人間行動のジャーナル. 23 (6): 747-752. 2- 10.1080/10911359.2013.795064.

 

[XLV] 国防総省, 2010. As cited in Groves, C., 2013. “Military sexual assault: An ongoing and prevalent problem”. 社会環境の人間行動のジャーナル. 23 (6): 747-752. 2- 10.1080/10911359.2013.795064.

 

[アイザ] Stotzer, 2009. As cited in Gentlewarrior, S., 2009. “Culturally competent service provision to lesbian, ゲイ, bisexual and transgender survivors of sexual violence.応用研究フォーラム. アクセスした8月 26, 2012

 

[アイザ] ピッツ, マリアン, スミス, ミッチェル & パテル, 2006. “Private lives: A report on the health and wellbeing of GLBTI AustraliansAustralian Research Centre in Sex, Health and Society, ラトローブ大学, P51. http://www.glhv.org.au/files/private_lives_report_0.pdf.

 

[ジェン] オリアリー & 床屋, 2008. As cited in Foster, G., ボイド, C., & オリアリー, P., 2012. “Improving policy and practice responses for men sexually abused in childhood.性的暴行の研究のためのオーストラリアのセンター. アクセスした8月 5, 2013. https://aifs.gov.au/publications/improving-policy-and-practice-responses-men-sexually-abused-childhood.

Leary & 床屋, 2008. As cited in Easton, S.D., 2012. “Disclosure of child sexual abuse among adult male survivors.臨床ソーシャルワーク学会. DOI 10.1007/s10615-012-0420-3.

 

[ザ·] ホームズ & 平手打ち, 1998. As cited in Easton, S.D., 2012. “Disclosure of child sexual abuse among adult male survivors.臨床ソーシャルワーク学会, DOI 10.1007/s10615-012-0420-3.

 

[その] ホームズ & 平手打ち, 1998; O'Leary and Barber, 2008; O'Leary and Gould, 2009. As cited in Foster, G., ボイド, C., & オリアリー, P., 2012. “Improving policy and practice responses for men sexually abused in childhood.性的暴行の研究のためのオーストラリアのセンター. アクセスした8月 5, 2013. https://aifs.gov.au/publications/improving-policy-and-practice-responses-men-sexually-abused-childhood.

 

[ハイ] イーストン, S. D. 2012. 「成人男性の生存者の中で子供の性的虐待の開示” 臨床ソーシャルワーク学会. 土井10.1007/s10615-012-0420-3- 注- の使用されたサンプル 487 性的に開示を見て、子供のように虐待された男性.

 

[50] ハンター, 2011. As cited in Foster, G., ボイド, C., & オリアリー, P., 2012. “Improving policy and practice responses for men sexually abused in childhood.性的暴行の研究のためのオーストラリアのセンター. アクセスした8月 5, 2013. https://aifs.gov.au/publications/improving-policy-and-practice-responses-men-sexually-abused-childhood.

 

[生活] パイン & マイヤー, 1999. As cited in Foster, G., ボイド, C., & オリアリー, P., 2012. “Improving policy and practice responses for men sexually abused in childhood.性的暴行の研究のためのオーストラリアのセンター. アクセスした8月 5, 2013. https://aifs.gov.au/publications/improving-policy-and-practice-responses-men-sexually-abused-childhood.

 

[LV] Dorahi & クリアウォーター, 2012. As cited in Foster, G., ボイド, C., & オリアリー, P., 2012. “Improving policy and practice responses for men sexually abused in childhood.性的暴行の研究のためのオーストラリアのセンター. アクセスした8月 5, 2013. https://aifs.gov.au/publications/improving-policy-and-practice-responses-men-sexually-abused-childhood.

 

[LVIII] Sorsoli, 起亜·キーティング & グロスマン, 2008; ワシントン, 1999. As cited in Foster, G., ボイド, C., & オリアリー, P., 2012. “Improving policy and practice responses for men sexually abused in childhood.性的暴行の研究のためのオーストラリアのセンター. アクセスした8月 5, 2013. https://aifs.gov.au/publications/improving-policy-and-practice-responses-men-sexually-abused-childhood.

 

[LIX] Ogloff, et al., 2012. As cited in Foster, G., ボイド, C., & オリアリー, P., 2012. “Improving policy and practice responses for men sexually abused in childhood.性的暴行の研究のためのオーストラリアのセンター. アクセスした8月 5, 2013. https://aifs.gov.au/publications/improving-policy-and-practice-responses-men-sexually-abused-childhood.

 

[LX] オリアリー & 床屋, 2008. As cited in Foster, G., ボイド, C., & オリアリー, P., 2012. “Improving policy and practice responses for men sexually abused in childhood.性的暴行の研究のためのオーストラリアのセンター. アクセスした8月 5, 2013. https://aifs.gov.au/publications/improving-policy-and-practice-responses-men-sexually-abused-childhood.

 

[LXI] Sorsoli, L., 起亜·キーティング, M., & グロスマン, F. K., 2008. “I keep that hush-hush: Male survivors of sexual abuse and the challenges of disclosure.カウンセリング心理学のジャーナル, 55(3), 333–345.

 

さて生活はクイーンズランド工科大学のソフィー·ウィリアムズへの感謝を表したいと思います, このページの作成の支援やビデオのための正義の学校.

 

6 注釈

  1. Comment by Susan

    スーザン 応答 6月 20, 2014 3:21 午後

    うわー恐ろしいしかし貴重な情報. どうもありがとうございました.

  2. Comment by Mal

    時間 応答 6月 20, 2014 3:21 午後

    組織が存続男性の意識とサポートを上げるのを助けるようにやっている偉大な仕事を維持してくださいありがとう.

  3. Comment by Robert

    ロバート 応答 11月 11, 2014 10:47 午後

    ありがとう, 役立つを見ていたその年齢で私の報告 46 正常であった. そこに事実を得続ける. 沈黙を破ることは勇気を取る, 他人のためにそこにあるより多くのサポートと真実, より多くの数は、前方来る.

    • Comment by Jess [リビングまあスタッフ]

      ジェス [リビングまあスタッフ] 応答 11月 21, 2014 9:18 上の

      ロバートあなたは完全に正しいです, それは勇気の膨大な時間がかかりますか. 実際には、我々は唯一のちょうど名乗り出る及び/または報告に男性が直面する問題の程度や困難を理解し始めている. 我々はまた、男性が先に来ない場合を支援するために増加支援の必要性がますます認識するようになってきた.
      ご意見をお寄せいただきありがとうございロバートを.

  4. Comment by georgia

    ジョージア 応答 4月 10, 2015 5:26 午後

    良い統計とよく文書のたくさんの素晴らしいページ. これを利用可能にしていただきありがとうございます.

  5. Comment by Bejah Blue

    Bejah Blue 応答 10月 17, 2017 9:46 上の

    Wow! I live in California and I am saddened I can not call you. What an extraordinary website. Thank you so much for this site and the richness and abundance of the data. I am a woman (69 going on 39, honestly) in love with a man (48). It is the first time in my life that I have felt this way or even knew it was possible. The rest of my life is empty by comparison with the exception of the early horrors. Meeting him was like….for a long time I could not even describe it to myselflike being in the presence of GOD….like the most incredible orgasm ever but in the mind or the soul, and to say it was like a bolt of lightening is a profound understatemnt. I asked him at the time if he felt it and he said he did. We have grown closer and closer ever since and that was about two years ago. We were both abused as children. The sexual and other forms of abuse I endured lasted many years and probably began when I was very, very young. It stopped when I stopped it at age 12. It was my own father. He took me on a business trip. In the motel there were two beds, a large one and a small one. He climbed in my bed and I ran for the door and would not go back in until he promised to send me home in the morning. He put me on a plane the next day. I did not tell my mother until I was 18. I reasoned she was to fragile to bear it! When I did tell her she at first accused me of lying and then of ruining her life because I did not tell her earlier. I do not know why I did not run away, tell anyone, or kill myself. I prayed that GOD would take him away. GOD did. He began to have a series of strokes, one worse than the last. One day at a VA hospital he reached out and took my hand (he was in a wheelchair) and I was shocked and recoiled in rage and disgust. I guess he wanted me to forgive him. I still can not. I never will. If I could get my hands on whomever abused the man I love I swear I would rip him apart with my bear hands. GOD finally took my abuser with a massive stroke. If I felt anything it was relief. I have never been married. I have profound trust issues and a pronounced fear of intimacy. I must have had orgasms because after the abuse ended I remember running hot water over myself to bring myself to climax, telling myself because it was water it was clean, pure. I am orgasmic but with the man I lived with for 8 years I had to use a vibrator. I realize now that he was never a good lover and he was only concerned with himself. 彼は (です) a Narcissist and of all things a sex addict (So his business associates told me near the end). I resigned myself to a celibate life alone. I did have two affairs of the heart….they were safe because there was no sex. There were meals at cafes, there was travel, but no sex. They were both married for one thing and I do not and will not ever have any serious relationship with anyone who is married. I had my safe fantasy of romancehow sad. This man I love comes close and then pushes me away. I wonder if he is gay and I asked him but he denies it. Still I know he has had sex with men. He told me. Men like sex, they are very sexual beings and I came to understand that just because they have sex with other men, that does not make them gay. They just like sex. But still I wonder. I worry. I fear AIDS for him. I fear HIV positiveness. I worry about loneliness for him. He has such a beautiful soul but he is so buried deep inside. I would and will suffer what ever I must to remain close to him, to protect him as well as I can. GOD told me that we would heal each other. GOD also told me that HE wanted us to take care of eachother. This was in the beginning. We are like soul mates. It is incredible, beautiful, frightening and I feel like we are participating in a great mystery of existence. I weep with joy and sorrow. I thank GOD every day for him and whatever time we have. He is a very beautiful man and I guess I am also. I used to be a model and still I have no gray hair and almost no wrinkles. We are the FATHERS wounded children and HE brought us together. We do take care of eachother. I ask for nothing. I have everythingtrue riches are in the heart. Thank you again for this wonderful website. Bejah

応答を残しなさい

あなたのメールアドレスは公開されません. 必要なフィールドがマークされている *

Close
Go top